頭皮が元気になれば顔のたるみは解消する!?

ほうれい線の原因となるひとつが「顔のたるみ」。

ではどうして顔がたるむのかというと、頭皮がたるんでいるからです。

 

頭皮は顔の上にありますよね。
だからこそ、頭皮がたるんで伸びきってしまうとその分下にたるみができてしまうのです。

 

なので、ほうれい線を改善するために「頭皮を元気にしてあげる」ことが有効な手段になります。

ほうれい線に効く頭皮マッサージ

では、頭皮をどうやって元気にすればいいのでしょうか。
それは、シャンプー時に頭皮マッサージをすることがおすすめです。

頭皮マッサージのコツ
まず、首元から後頭部にかけて指の腹で押すようにマッサージします。

ここは太い血管が走っているところなので、頭皮全体の血行促進に役立ちます。

 

次に、頭全体を指の腹でつかんで離します。

これを繰り返しましょう。

 

頭皮マッサージをするにあたって注意すべきポイントは「あまりこすらないようにやる」ということ。
頭皮をこすりすぎると、お湯でやわらかくなった頭皮が摩擦で傷んでしまう恐れがあるからです。

 

また、シャンプー後のすすぎの際、シャワーで頭に温かいお湯を少し強めに当ててあげるのも◎
水圧によってマッサージ効果が期待できます。

NGな頭皮マッサージ方法

よく育毛グッズで頭皮を刺激するためのブラシなどが売っていますが、
これを使用するのはやめたほうがいいでしょう。

 

「ブラシで頭皮をトントンすると血行がよくなる」という謳い文句を信じてやっている人がいますが、あれはただ頭皮を傷つけているだけ。
あれではほうれい線対策に有効な頭皮マッサージにはなりませんので、やらないようにしましょう。

 

美容整形や日常でも取り入れられる頭皮リフトアップ

事実、美容外科でシワとり手術・リフトアップ手術をする際に
「頭皮を縫って縮める」というやり方をすることもあります。

 

また、髪の毛を上で束ねてその髪を持ち上げれば、
「頭皮が上がることで一時的なリフトアップ状態になる」というのも自分の目で確かめられるでしょう。

 

伸びきった頭皮を元気にして、弾力を持たせることが、
たるみによるほうれい線への対策になる、という理屈が成り立つわけですね。